アイフルについての記事

アイフルではパートやアルバイトでも最短即日融資が可能?

アイフルはパートやアルバイトであっても安定収入があれば申込むことができます。お金が突然必要になるのはパートやアルバイトであっても同じことです。アイフルの良いところは、パートやアルバイトのように会社員や公務員に比べると年収の金額が少ない層であってもその対応に差がないという点です。

たとえば無担保ローンのアイフルといえば即日融資が可能であるほどのスピーディーな審査がひとつの特徴とされていますが、この即日融資はアルバイトで収入を得ている人やパートであっても即日融資を受けることができます。

 

得られる収入が会社員や公務員などに比べると少ないからといった理由でアイフルで即日融資ができないということはありません。


もしも即日融資ができないということであれば、たとえば書類や申し込み内容に不備がある、あるいは審査基準に合致しないなど別の理由です。

即日融資をはじめ、アイフルは融資を行う層によって対応に差別がないということですが、これは実際に融資の契約を結んだあとでも同じです。アイフルで即日融資を受けた後は、その分に対して返済を行う必要があります。これは相手がパートであっても社会人であっても同じことであり、

 

融資を行う対象によって差別がないように返済についても差別をしないのがアイフルのモットーといえます。


そのため、たとえばパートのように収入が限定されている層の人がアイフルを利用してお金を借りる場合にはこうした背景についても認識しておく必要があります。

パートだから、あるいは収入が少ないから多少アイフルへの返済が遅れても大目にみてもらえる、などということはありません。お金を借りる側からすれば、できるだけ早く融資を受けたいというニーズがありますし、アイフル即日融資という形で対応することが可能です。

これについてはパートやアルバイト、パートの主婦であっても条件さえ満たせば誰でも同じです。当然ながらその後の返済についても、お金を借りている以上は遅れないように支払うという契約になっています。

専業主婦はアイフルでお金を借りられるのか?

結論から言ってアイフルでは専業主婦は借入ができません。これはアイフルだけに限った話ではなく、消費者金融では専業主婦は借入ができないようになっています。

貸金業法が変わり総量規制というものが適応されるようになりました。総量規制とは借入の総額が年収の3分の1を超える場合に新たに借入ができないというものです。専業主婦は当然収入がありませんから、新規に借入ができないということになります。

この総量規制は銀行からの借入には適応されませんので、アイフルで借りる事ができなくても銀行では可能ですのでそちらを利用することになります。総量規制に引っかからない銀行カードローンの場合ほとんどの場合30万円~50万円が限度額となります。

この限度額は規制ではなく収入のない専業主婦が返済できるであろう金額として定められているものです。また、銀行カードローンの場合でも配偶者に安定した収入がない場合は借りるのが難しくなります。銀行カードローンの他にも配偶者貸付という例外で借りる方法があります。

 

配偶者貸付では夫婦2人の年収を合わせて、その3分の1まで借入が可能になる方法です。


しかし、この配偶者貸付に対応している金融機関はとても少ないのが現状です。アイフルでは対応していません

また、配偶者貸付を利用するにあたって配偶者の同意を得る必要があります。必要な書類もいくつかあるため、そこまでするのであれば働いている配偶者名義で借入してもらった方が良いかもしれません。総量規制により専業主婦が借入を行う方法はかなり限られてしまっています。

アイフルならパートやアルバイトでも申し込みは可能

消費者金融大手のアイフルのキャッシングを利用する条件としては、

 

  • 20歳以上で69歳以下
  • 安定的な収入のある人

という基本条件があります。仮にこの基本条件を満たしている場合でも融資の申し込みをしたあと、アイフルの審査基準に則した審査を受けてその審査に通過しなければ融資を受けることはできませんが、パートでもアルバイトでもアイフルのキャッシングを申し込むことはできます。

年齢の条件のほかに安定した収入があるかどうかが非常に重要な条件となりますので、安定的な収入のないようなたとえば専業主婦などでは申し込みをすることができません。安定的という意味において、たとえかなり高額の収入があったとしても、定期性がなく不安定な収入であれば安定的な収入と認められないことがほとんどになります。

もちろんのことですが、いくら安定した収入があったとしても19歳以下や70以上の人も申し込み自体をすることができません。しかし、安定した収入があるといってもパートやアルバイトでは審査に通りやすいとは言えませんし、アイフルは貸金業法の規制をうけますので、総量規制の関係で年収の三分の一以上の借り入れをすることができません。

パートやアルバイトで安定的な収入がある人であっても正社員と比べると信用が落ちてしまいますので、融資を受けることができても、利用限度額が少なく制限されてしまうとことになってしまいます。そのことを念頭に置いてからアイフルのキャッシングを申し込むべきでしょう。

アイフルの審査の流れとはどのようなものか?

アイフルの審査の流れとはどのようなものでしょうか。まず、多くの消費者金融と同じようにアイフルでも主に三つの点を審査します。

まず最初に行われるのは信用情報の審査です

信用情報とはいったい何でしょうか。それはこれまで申し込んだ人が消費者金融を利用したことがあるかどうか、さらには現在他の消費者金融を利用しているかどうか、また利用した際に返済を遅延したりしたかどうかという情報です。

この情報は消費者金融業界である意味シェアしているので、こちらがいくら偽りの情報を申請したとしてもすぐにばれてしまいます。それで、決してこの点でうそをつかないで申し込むようにしましょう。では、二つ目に確認するのは何でしょうか。

それは書類審査です

申し込む際に必要な書類は借り入れ希望の金額によって違います。もし借り入れ金額が多ければ収入証明書が必要になってきます。しかし、借り入れ金額が小額であれば身分を証明する書類だけで申し込むことができます。そのような書類が偽り無いかどうかを確認するのが書類審査です。

そして、三つ目に審査することは在籍確認です

本人が申し込んだ内容、職場、勤務先、どのような立場かといったことを電話で確認します。これはアイフルのほうで、会社には身分が分からないような形で行われます。

このような審査の流れでかかる時間は約30分から1時間ほどです。審査はすべてアイフルで行いますので、申し込んだ側は待つだけです。