専業主婦はアイフルでお金を借りられるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論から言ってアイフルでは専業主婦は借入ができません。これはアイフルだけに限った話ではなく、消費者金融では専業主婦は借入ができないようになっています。

貸金業法が変わり総量規制というものが適応されるようになりました。総量規制とは借入の総額が年収の3分の1を超える場合に新たに借入ができないというものです。専業主婦は当然収入がありませんから、新規に借入ができないということになります。

この総量規制は銀行からの借入には適応されませんので、アイフルで借りる事ができなくても銀行では可能ですのでそちらを利用することになります。総量規制に引っかからない銀行カードローンの場合ほとんどの場合30万円~50万円が限度額となります。

この限度額は規制ではなく収入のない専業主婦が返済できるであろう金額として定められているものです。また、銀行カードローンの場合でも配偶者に安定した収入がない場合は借りるのが難しくなります。銀行カードローンの他にも配偶者貸付という例外で借りる方法があります。

 

配偶者貸付では夫婦2人の年収を合わせて、その3分の1まで借入が可能になる方法です。


しかし、この配偶者貸付に対応している金融機関はとても少ないのが現状です。アイフルでは対応していません

また、配偶者貸付を利用するにあたって配偶者の同意を得る必要があります。必要な書類もいくつかあるため、そこまでするのであれば働いている配偶者名義で借入してもらった方が良いかもしれません。総量規制により専業主婦が借入を行う方法はかなり限られてしまっています。

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融や信販系の金融会社は、貸金業法の総量規制によって年収の三分の一を超える融資はできないことになっています。そのため、収入のない専業主婦はお金を借りることができません。

 

専業主婦への救済策として設けられたのが配偶者貸付けです。


配偶者貸付けは、夫婦であることを書類等で証明すれば夫婦の年収を合算した金額(つまりは夫の年収)の三分の一まで借入することができます。但し、この配偶者貸付けをしている業者は少数ですので利用しにくいかもしれません。

配偶者貸付においても取扱いは銀行が多い

銀行は総量規制の対象外であることから、収入のない専業主婦でも申し込むことができます。配偶者に安定した収入のあることが条件になってきますが、配偶者の同意書や確認などは不要のところも多いようです。

 

配偶者に内緒で申し込みたい時は自動契約機かインターネットで申し込みするようにします。来店が不要ですし、提携コンビニATMで借入・返済ができます。


銀行口座がないときは口座を開設するために日数がかかりますので、急ぎでお金が必要な時は注意しましょう。専業主婦が銀行カードローンを申し込んだ場合は、30万円や50万円までなど、上限を少額に限定され、増額もできないことが多いようです。

専業主婦がお金を借りる場合は借りすぎに注意したり返済計画をたてたり、返済のために借り入れをしないことも大事です。できれば借りる前に節約するなど出費を抑えたり、パートに出ることを考えるなど安易に借りないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。