アイフルの審査の流れとはどのようなものか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイフルの審査の流れとはどのようなものでしょうか。まず、多くの消費者金融と同じようにアイフルでも主に三つの点を審査します。

まず最初に行われるのは信用情報の審査です

信用情報とはいったい何でしょうか。それはこれまで申し込んだ人が消費者金融を利用したことがあるかどうか、さらには現在他の消費者金融を利用しているかどうか、また利用した際に返済を遅延したりしたかどうかという情報です。この情報は消費者金融業者では、

 

総量規制施行時に申込者の既存借入額を把握(年収の1/3以上貸せない為)しておかなければならなくなった


ので、義務化されていますので貸金業者の既存借入額はすぐ分かってしまいます。

貸金業者同士で信用情報機関を介してシェアしているので、こちらがいくら偽りの情報を申請したとしてもすぐにばれてしまいます。それで、決してこの点でうそをつかないで申し込むようにしましょう。では、二つ目に確認するのは何でしょうか。

それは書類審査です

申し込む際に必要な書類は借り入れ希望の金額によって違います。もし借り入れ金額が多ければ収入証明書が必要になってきます。しかし、借り入れ金額が小額であれば身分を証明する書類だけで申し込むことができます。そのような書類が偽り無いかどうかを確認するのが書類審査です。

もちろん本人かどうかを確認する書類(運転免許証や健康保険証+1点『住民票など』)もまず必要になってきます。

そして三つ目に審査することは在籍確認です

本人が申し込んだ内容、職場、勤務先、どのような立場かといったことを、まず本人に電話で確認します。この電話が掛かってくれば仮審査はほぼ通っています。内容確認が済めば、会社への確認の電話を掛けてもいいかどうかの了承を得てきます。

 

その後会社に電話されることとなりますが、これはアイフルのオペレーター名で掛かってきますので、アイフルからの電話とは分からないようになっています。


このような審査の流れでかかる時間は約30分から1時間ほどです。審査はすべてアイフルで行いますので、申し込んだ側は待つだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。