収入のない専業主婦ができる貯金とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーの値引き分をへそくり

専業主婦が貯金をする場合、その財源はもちろん主人の給料です。そこから如何に貯金をするか。若い頃に読んだある本に、「お店で割り引かれた商品を購入したとき、それを支払ったものと考えて貯金する」というのがありました。

 

「ふ~ん」とその頃はただそう思っただけでした


が、実際専業主婦になって貯金をしようと思ったとき、なかなかできないことを実感。「どうしようか」と考えたとき、ふとあの時の本を思い出したのです。夕方、閉店が近くなる頃、スーパーでは商品が値引きされることは周知の事実。

その時間帯に買い物に行き、レシートに表示された割り引きの総合計をレジを通った直後(ここが大事!家に帰ってからだとやらなくなる)に別財布にチャラリ。その額がお財布に残ってないときは無理をせずある額だけを入れますが結構よく貯まります。

ポイントのお買物券を有効活用

家族構成にもよりますが、我が家のように食べ盛りの子供3人のいる5人家族ではなかなか楽しくなる額です。月およそ5000円くらいでしょうか。また、我が家のよくいくスーパーはポイント制。ポイントがたまると1000円のお買い物券がもらえます。

それを次回の買い物の時使用し、かわりに1000円を貯金へ。この買い物券も、ポイントの高い時に買い物をするようにすれば月1枚はもらえます。計約6000円が毎月の貯金へ。年間72000円が貯まるということになります。

 

この貯金の目的は子供達へのプレゼント。


普段、あまり物を買い与えず、年末のクリスマスにゲームの豪華賞品の購入資金としてこのお金を使います。子供達の嬉しそうな顔をみると、また来年も頑張って貯金しよう!と思ってしまいす。この貯金、もちろん主人は知りません。

これは専業主婦の私の努力の賜のお金だからです。でなければ、わざわざ苦労して夕方の忙しい時間に買い物などしません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。